BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

レーザー加工の見積もりで必要なものは?

2020/11/22
「レーザーカットの見積もりってどうやってするの?」「何を用意すればいい?」
初めてレーザーカット加工を依頼する方の中でこのような疑問を持たれる方は多いでしょう。
今回は、レーザー加工の見積もりについて紹介していきます。

▼レーザー加工の見積もりで必要なもの
レーザー加工の見積書を出してもらうには、いくつか用意しておくものがあります。
以下にまとめましたので参考にしてみてください。

・加工内容(切断・彫刻)
・図面やデータ
・素材(種類、厚み、寸法)
・数量
・予算
・データの有無

データが用意できれば、見積もりを出すまでにあまり時間がかかりません。
見積もりを頼むときに、納期や予算も一緒に伝えておくと良いでしょう。

▼見積もりまでの流れ
見積までの流れは、電話またはお問い合わせから行います。
その後メールにて画像やデータを送信すれば完了です。
見積書が完成したら、業者のほうから連絡がきます。
金額で両者が合意すれば、注文書を発注しレーザー加工を開始することができます。

▼レーザー加工の見積もりは出してもらった方が良いの?
そもそも見積書自体は必要なのか、という方もいらっしゃるかと思います。
見積には、依頼者側と業者の双方の認識が一致しているかどうかを確認する大事な役割があり、
料金、納期、項目などの内容が細かく記載されています。
項目の漏れや曖昧な内容の見積書は、その業者にレーザー加工を任せて良いのかの判断基準にもなるため、必ず出してもらうようにしましょう。

株式会社ロッカでは、レーザー照射にてカットを行っています。
お見積りはお問い合わせフォームから可能です。
他社には追随できない美しさと早さ、低コストを実現しております。小ロットの作成も対応できますので、お気軽にご相談ください。