BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

小ロットの景品について

2020/10/15
小ロットとは、少量の生産をすることです。
つまり、何百何千という単位で景品やノベルティを作成するのではなく、少ない数で作ることを指します。
小ロットでの作成が可能なものや適しているものについて紹介していきます。

▼小ロットでの作成が可能なもの
景品やノベルティはオリジナル商品が多い為、基本的には大量の受注が求められます。
しかし、会社やメーカーを選べばそのようなことはありません。
学生向けにクラスTシャツ等を作成販売されているメーカーを想像していただければ良いと思います。
また、小ロット対応をしてもらえなかったとしても、ものによってはオリジナルシールを作成することで普通のアイテムをオリジナルアイテムに変えることができます。

▼適しているもの、向いているもの
確実に小ロットで対応できるものはシールを貼って完成させることのできるアイテムです。
具体的には、ティッシュ・ウェットティッシュ、アルコールスプレー・ノートなどです。
記念品には少しお粗末な印象を受けるので、ノベルティや参加者プレゼントに向いています。
シールではなく記念品として渡せるものとなると、Tシャツやタオルなどのファブリックもの、
マグカップやお皿などの陶器、ペンや定規等の文房具類もメーカーによっては小ロットで発注することが可能です。

▼まとめ
小ロットでの発注は難しくありません。アイテムにはよりますが、メーカーを選べば発注できますので調べてみてください。
またシールでオリジナルアイテムにしてしまうといったようなことも可能なので自身で工夫されるのも一つの手です。