BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

レーザーカットでアクリルを加工すると、どんなものが作れる?

2020/08/28
レーザーカットを使えば、アクリル素材でも容易に加工ができます。アクリル素材で実際にどんなものが作れるのでしょうか?

▼アクリルで作れるもの
アクリルを加工すればオブジェや名札など、さまざまなものが作れます。

例えば企業の看板やおもちゃ、インテリア装飾、「受付」といったエントランスサインなど。

また透明なトロフィーを作ったり、裏面から写真を彫刻してアート作品を作ったりするのも良いでしょう。

店のロゴをアクリル板に彫刻しLED照明を取り付けることで、高級感のある演出もできますね。

▼アクリルの加工にはCO2レーザー
一般的にアクリルの加工にはCO2レーザーが使われています。

アクリルは透明なのでレーザーがすり抜けやすく、半導体レーザーなどでは切断しにくくなります。

また家庭用の出力が弱いレーザー加工機でも、アクリルの切断に時間がかかります。薄いアクリル板のカットや彫刻なら可能でしょう。

アクリル板をキレイに切るためには、レーザーカットの出力とスピードの調整も必要です。

またアクリル板をカットする際に煙や臭いが発生するので、加工時の換気には要注意ですね。

▼まとめ
レーザーカットとアクリルを組み合わせれば、実にさまざまなものが作れます。

アクリルを使ったネームプレートやオブジェなどを製作したいなら、ぜひ株式会社ロッカまで。1個からでも製作いたしますので、お気軽にご相談ください!