BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

レーザーカットとは

2020/08/08
デザイン性の高い招待状や名刺、記念のコースターなどを作成できるのがレーザー加工です。
レーザーカットやレーザー加工についてご紹介します。

▼レーザーカットとは
レーザーの光でさまざまな材質の素材にスピーディーにカットし加工することです。
金属や木材などの素材をカットしたりくり抜いて穴を開けるなど、素材を完全に断ち切ります。
加工できる素材が幅広く金属や木材はもちろんプラスチック、ゴム、布、ガラスなどに加工することができます。

▼レーザー加工について
レーザー加工は、レーザーの光を集めて金属に照射しカットしたり穴をあける方法です。
カットや穴をあける、印をつけたり彫刻することができ、かなり精密な加工をすることができます。
レーザー加工はパソコンでデザインなどの設定を行うので、スピーディーに作業ができキレイに仕上がるのがメリットです。
レーザー加工は、製造業や建築業、医療の現場などさまざまな分野で使われています。

▼レーザー加工で作れる製品
レーザー光線のカットに対応できる素材は紙だけではなく、木やアクリル素材にも加工を施すことが可能です。
装飾品として使われることが多く、花の形や文字の形にカットして室内のディスプレイや窓に飾ったり、ポスターに加工を施したり、
カードをおしゃれなデザインに加工して、結婚式の招待状を作成したりすることもできます。

レーザー加工で自分だけのオリジナルのでデザインのものを作成することができます。
レーザーのカット加工について、当社では直接おいでいただくのが難しい方に、お電話やインターネットからのご相談やお問い合わせを受け付けております。
カット加工レーザーで斬新なデザインにも対応いたしますので、一度お気軽にお問い合わせください。